決意表明と回想録~私にとっての副業という選択肢のこれまでとこれから~

2015年9月に現職(本業)で一度バーンアウトしたことがあり、使えていなかった有給休暇を1か月ほど消化して全く仕事をしない期間がありました(翌年2016年9月には一度、全く別の理由で約1か月間、傷病休業をしました。その時の話はまた今度。。。)

休んでいた前半は完全に仕事から離れて、漫画とスマホゲーム(確か当時はFFBEを初めてgumi株と戦っていた記憶がある)と投資(FXおよび株式売買)で時間を使っていました。

1週間ほどそんな日々を経た後、あーこれじゃあ廃人になるなーという思うと共に、色んな意味でもうこの会社辞めちゃおうかなと真剣に思い始めていました。

会社を離れて稼ぐという意識はその頃から考えるようにはなり始めていて、転職エージェントへの登録をして外を見始めていたり、勘を鈍らせないようにしつつ、投資以外で確実に着実に資金を増やす方法はないかと調べたところ、ちょうどクラウドワークスや来週上場するスポットコンサルティングのビザスクなどを調べて副業をしていまいた。

クラウドワークスでは資産運用に関わるライターの仕事を数本こなし、ビザスクでは現職の経験を活かした電話・WEB会議形式でのコンサルティングを行っていました。ちょうど黎明期ですね。その時から副業は意識し始めたということになります。思い返せば、そこが私の副業開始のスタート地点でした。

なのですが、1か月ほど副業を行った結果休んだ結果、本業にも大きな変化がありまして、社内の業務改革・改善のプロジェクトリーダーや経営企画部門で兼務をするなど、やりたかった仕事・キャリア構築のチャンスを勝ち得ることが出来ました。さらに不満だった評価も少しずつ自己評価との乖離が減っていき(組織上のライン長が変わったことがその理由の9割くらいを占めるが)結果本業がますます充実していきました。

仕事の一方で、2017年2月に妻の妊娠が発覚、2017年10月に第一子を授かり、2015年9月以降、副業熱は次第に冷めていきました。

結果的に副業を始めて以降、本業・家庭を優先するようになり、2018年6月~2019年4月までの間、社内託児所送迎生活~分社化、新会社立ち上げを経て、ようやく今に至るというところです。

ということで、昨年決意をして試行はしたものの、それはスタートダッシュとして2020年本格始動します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました